異形状→標準形状加工へ改善でコストダウン実現(丸パイプから角パイプへ)

丸パイプ使用から角パイプ採用でコストダウン
当ページでおこなう事
丸パイプ同士の溶接接合で加工性を妨げる内容に接合部の形状、端末加工の難しさ、角度調整の難しさがあります。これらの要素により手離れの良い加工が難しくなり工数アップへと繋がっています。ここではその丸パイプ同士の加工性をあげる事のVAVEをおこなってみます。

丸パイプ同士の溶接接合から角パイプ選択で加工性アップ
丸パイプの端面とパイプ側を溶接させるためには付ける側の端面を相手のパイプの外径に合わせなければなりません。たかが溶接で合わせるだけの工程ですが結構大変です。また、各々のパイプ同士を接合する際の角度も丸パイプ同士では難しく精度の高いジグを用意しなければなりません。それらはすべて工数になりコストアップとなります。この点を一つのコストダウン手法で解決してみます。

オリジナル部品の問題点を見いだす。

オリジナル部品の形状では主パイプの外径上に2本のパイプを溶接することを想定しています。溶接される側に対して角度を持っているためそのままでは加工出来なくてジグを用意することになります。また詳細図でも「端末加工」と書いておりますが主パイプに合わせた形状にする事が溶接加工をスムーズに進める事となるので大切な加工となります。これらは工数アップの要因となります。
この問題を改善出来るVA,VEを考えてみます。
オリジナル部品の現状把握
材質SPCC
形状主パイプ1ヶ、接合パイプ2ヶ 主パイプに合わせ端末加工をR形状に
加工工法主パイプ外径に合わせて2本の長さを決めて端末加工後主パイプに合わせた端末加工をおこなう。
加工工程一度長さを決めて加工後、外径に合わせた端末加工をおこなう
問題点主パイプに合わせた端末加工は都度数値を設定しなければならない為、工数アップの要因となる。角度を合わせた加工はジグを必要としここでも余分な工数アップとなる可能性がある。

1カ所を角パイプに変更する事を考えてみる。

問題点である主パイプに溶接するパイプの端末加工をR形状にある事を改善する為に主パイプを角パイプで検討してみます。
リベットによる組み込み効果
材質SPCC
形状主パイプ1ヶ(角)、接合パイプ(丸)2ヶ 主パイプに合わせ端末加工はストレート
加工工法主角パイプ外径は長さを決めて加工。2本の丸パイプは長さの端末加工済みを位置合わせする。
組み込み工程角パイプに位置合わせと角度合わせを一度に行い、溶接加工。
問題点丸パイプから角パイプに変更すると見た目が違う事で違和感を感じることもあるでしょう。角パイプは角部がR形状を選択すればその点を解消出来る。
利点R形状の加工無し、角度合わせなしで加工工数の大幅削減が期待できます。

改めてbefore&afterを検証してみる(丸パイプ、角パイプを比較してみる)

VA,VEによる改善後の状態
丸パイプ同士の場合、R形状の端末加工及び角度合わせに精密ジグの必要性があり、角パイプを採用すればR形状端末加工無し、角度合わせも容易となります。双方を比較対象にしてみると良い選択ができると思います。

コストダウン設計管理者からの情報

本製品は見た目を重視するか、加工性を重視するかの比較ですが、角パイプでも角部のR形状をうまく選択すると良い方向に行くこともあります。

有限会社 フナックス・エンジニアリングの舩倉です。当サイトの管理をおこなっています。よろしくお願い致します。
 当社ではVA,VEによるコストダウン、品質向上、納期短縮化を図れる設計補助をおこなっています。
皆さまの会社内での製品に対する競争力向上、他社との差別化を図る為の改善を提供する事を仕事としています。

コストダウン手法&事例を3dcadでbefore&afterにした動画集のサイトを体感してください。